【子連れ海外旅行】おすすめ渡航先-達人が教える人気の国・厳選スポット!

旅行

【子連れ海外旅行】おすすめ渡航先-達人が教える人気の国・厳選スポット!

子連れ海外旅行の渡航先の選び方

時差が少ない・直行便がある国を選ぼう!

フライト時間気になりますよね。
機内は、狭く密室なので逃げ場がありません。

「子どもがぐずって泣いたりわめいたりしないか?」
「周りの人の迷惑にならないか?」

経験上、子連れフライト時間の限界は「3時間~4時間」なら何とかなる、という感じです。

3時間~4時間のフライトなら、機内食をいただいたり、持参のおもちゃ・お菓子・絵本さえあれば十分耐えれる時間です。

逆に言うと、3時間~4時間が耐えられる限界の時間でしょうね。

もちろん直行便必須‼
できれば乗り継ぎなしの直行便がある国・エリアを選ぶことをオススメします。
子連れの乗り継ぎは大人にとっても子どもにとっても想像以上に大変!

https://akachanikuji.com/wp-content/uploads/image02folder/693/8d33727a1cc58eb7fba55bbb5cb70ab9-696x418.jpg

出典 http://akachanikuji.com

私達の体は±2時間以上の時差の変動に弱く、時差が大きく変動してしまうと体内時計が崩れ、いわゆる時差ボケ状態に。睡眠・覚醒リズムにも大きく影響が出てしまいます。

出典 http://www.glolea.com

赤ちゃんや幼児だけでなく、ちょっと大きくなった小学生のお子様でも時差ボケはツラく、慣れない場所で、お子様がぐずったり、駄々をこねたり…となると親御さんも大変。

出典 http://www.glolea.com

子連れ海外旅行デビューは、時差ができるだけ少ないアジアや太平洋地域の国がおすすめです。目安としては±3時間の時差で検討し始めると良いでしょう。

出典 http://www.glolea.com

http://www.ana.co.jp/cont-image/common/etc/1181-lang-multi.jpg

出典 http://www.ana.co.jp

赤ちゃんと一緒に飛行機に乗るのであれば、事前にそのことを航空会社に伝えておくべきです。
航空会社によっては、赤ちゃん専用の座席が用意されていたり、優先的に席を指定したり案内されたりすることができるので、必ず伝えておくようにしましょう。

出典 http://akachanikuji.com

座席においては、赤ちゃん専用の座席が設置されている付近以外でいうと、後方部か、前方部の座席がオススメです。人が往来することが少ないため、赤ちゃんが人見知りしにくいのと、座席が比較的ゆったりしているので無理なく過ごすことができるでしょう。

出典 http://akachanikuji.com

フライト時間が短く時差の少ない国

•韓国(ソウル)
フライト約2時間40分・時差0時間

•中国(上海)
フライト約2時間半〜3時間・時差−1時間

•アメリカ(グアム・サイパン島・ロタ島・テニアン島)
フライト約3時間30〜45分・時差+1時間

•台湾(台北)
フライト約4時間・時差−1時間

<達人のオススメ>
グアム
日本語が通じやすい。
小さなお子様連れでも安心。

http://puti-chiebukuro.com/wp-content/uploads/2015/04/0415d-300x200.jpg

出典 http://puti-chiebukuro.com

【グアム】子連れ・カップルにも大人気のグアム

治安よし!日本語だって通じる!

空港からホテルが近いのが嬉しい!
ビーチ・ウォーターパーク・ショッピングエリアがコンパクトにまとまっています。

子どもは、このエリアとホテルプールだけで満足できちゃいます。

そんなんじゃ満足できない元気キッズは、P.I.C.やオンワードなどのウォーターパークで豪遊!

子ども向けのスライダー・アトラクションプール・マリンアクティビティがいっぱいで大満足間違いなし。

街には水族館や遊園地もありますよ!!

http://tech-swing.net/wp-content/uploads/2016/02/3ae8096e5e3b77646f64e188db99a333.jpg

出典 http://tech-swing.net

グアムのオススメホテル

PICグアムホテル

http://www.tabikobo.com/pool/pacificislands/images/ph_01.jpg

出典 http://www.tabikobo.com

http://www.tabikobo.com/pool/pacificislands/images/ph_03.jpg

出典 http://www.tabikobo.com

「PICグアムホテル」4歳から12歳のお子様にオススメ

オススメは、「キッズクラブ」です。
ぜひ参加して、PICグアムホテルをエンジョイしてください!

キッズクラブは、9時~16時45分までのお子様専用クラブ。

クラブメイツが同伴し、プールやビーチでの遊びはもちろん、その他アクティビティをして1日を過ごします。

他国のお子様たちと触れ合う絶好のチャンス‼

グアムのお土産はどこでも買える!

免税店・モール・スーパーも置いてあるお土産は一緒です。
ホテルの売店でも購入できます。
ですから、お土産を見る時間は、そうとう短縮できますよ!

http://guam-bu.com/wp-content/uploads/2015/06/05428d27726b84ecc24a1b167d2123b6-680x451.jpg

出典 http://guam-bu.com

【グアムに行きたくなる動画】

3つに大別される子どもの年齢区分

•0歳~2歳未満:幼児(=infant インファント)
•2歳以上~12歳未満:小児(=child チャイルド)
•12歳以上:海外旅行では大人と同じとみなされます。ただし16歳未満の場合、なかには大人料金に割引が適用されるなどのケースがあります。

出典 http://allabout.co.jp

航空会社の規定と、旅行会社の場合とでは若干、年齢区分における線引きが異なることもあります。

基本的には、航空会社の規定(国際運送約款)をもとに、旅行商品の代金が決定します。

そして0歳児の赤ちゃんであっても、航空運賃が無料になることはありません。

出典 http://allabout.co.jp

【18歳未満の子供は2人まで無料】ツアーによっては提供できる旅行会社がある!

旅先を決める際のポイント

https://itmama.jp/wp-content/uploads/shutterstock_96816280-500x346.jpg

出典 http://itmama.jp

(1)所要時間
日本からのフライト所要時間。自宅から空港まで、現地の空港からホテルまでのアクセス経路や時間も確認しましょう。

(2)フライトの時間帯
朝・昼・夜のうちどの時間帯のフライトを選ぶか。
日ごろの子どもの状況に合わせて、機内で快適に過ごせる時間帯を選ぶといいでしょう。
夜発の場合は、子どもが眠りに就きやすい時間を選ぶのがおすすめです。

(3)時差
日本を起点に同じ飛行時間でも地図上を東西へ動くよりも、南北方向への移動が楽。
時差が大きいほど、子どもへの負担は大きくなります。時差がある場合は子どもへのケアを十分に。

(4)治安・安全
外務省の「海外安全ホームページ」などで渡航先の治安は必ずチェックしましょう。
子どもの日常的な行動の中で、安全面で注意すべき点がないかも確認。
心配があれば子どもと一緒に安全面のルールをあらかじめ話し合いましょう。

(5)医療・衛生状況
旅先では体調を崩しやすいもの。子どもは大人以上に抵抗力も弱いので、現地で流行している病気の有無をチェックし、医療体制が整っている場所を選びましょう。
特に各種予防接種が済んでいない赤ちゃんは注意が必要です。

出典 http://dual.nikkei.co.jp

パスポートの取得は「0歳~」。
飛行機に搭乗することができるのは「生後8日~」。

子ども連れに海外旅に適した年齢は?
やはり最低限「首が据わった後をオススメしたいです。

http://www.tabikids.jp/wp-content/uploads/2013/06/TK130624-1.jpg

出典 http://www.tabikids.jp

【動画】フィッシュアイマリンパーク海底展望台

【動画】イルカとシュノーケルのマリンアクティビティ

1

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ